'."\n" ?> HOME 愛しの座敷わらし

HOME 愛しの座敷わらし

最新映画情報

映画記事

関連記事

他記事

当サイトについて

HOME 愛しの座敷わらし

HOME 愛しの座敷わらし
父(コウイチ(水谷豊))の移動によって東京から岩手の州の庁舎所在地まで進出した高橋家。
コウイチが意図の誰にも劣らずに考えて、それを選んだ新居はOld民家でした。
それは、200才とみなされて、どうですか。
東京に住んでいるためにふがいなかった妻のフミコ(安田就視)は、突然の田舎暮らしのために
不安と不満に満ちています。
老人だけの友好的な関係にも乗り終わることができませんでした。古い民家は長女
(中学校の2学年の梓美(橋本愛))でちょうどボロの人のようにだけ見えます。

そして、前に移動の学校生活について考えるとき、心臓は落ちつきません。
移動の前の学校生活さえ、人間関係に悩んだからです。
そのうえ、母(同棲しているコウイチのスミヨ(草笛光子)に関しては
田舎住まいでトラブルについて話さないが、痴呆の徴候が最近始まっていそうです。
そして、たとえサッカーをしたいとしても、長男(単独で古い民家に移動を楽しんでいる
4年生のトモヤ(濱田龍臣))に関しては、ほとんど治療された喘息の慢性疾患は
まだフミコによって心配されて、それをすることができません。
5人5(穏やかに固くなった一部の家族)を集めたかったのはコウイチでした。
しかし、移動の支社さえ前に、すぐにおいしいことのないニュービジネスのポストの
難しい戦いの日々ごとでした。