'."\n" ?> 化粧師(けわいし)2002年

化粧師(けわいし)2002年

最新映画情報

映画記事

関連記事

他記事

当サイトについて

化粧師(けわいし)2002年

大正時代の東京の下町で活躍するメイクアップアーティスト(化粧師・けわいし)小三馬の目を通して描かれる、当時の世相「大正デモクラシー」を背景に、新しい時代の雰囲気や変革といった、女性が自由に発言できる時代の空気を予感させつつ、化粧というものを通して、女性たちのたくましくもある強い生き方、そして美しさとは・・・をテーマとした作品である。
この作品は美を扱っていることもあり映像が美しいと評判であった。
本当に美しいということはどういうことをいうのかを考えぬいた作品であり、それを奉公や下人といったような制度がまだ残存していたその時代の現前性を取り入れて作られている。
出演は菅野美穂や柴咲コウと言った人気女優が務めた。
彼女達の演技は、強烈な個性をはなつこととなりかなりの評判を呼んだ。
「小三馬」は芸者の間や上流階級といったところの女たちのなかで評判の化粧師であり、彼に化粧をほどこしてもらうと縁起がよく幸運が訪れるということで人気を博していた。
その一方で、お金のためなら何でもするというどこか人間の業を感じさえる一面も噂されていた。
女優を目指していた小夜という女性、その夢をかなえるため、はたまた自分を見下す周りの人間を見返すために小三馬に化粧をしてもらった。
この小夜は、奉公先での厳しい仕打ちといった不幸な生い立ちをしているが、それでも夢をあきらめないという姿に小三馬は感動し、一世一代の化粧を小夜にすることとなった。
大正という時代を見事にとらえた映像でもある。