'."\n" ?> 白雪姫(1937年)

白雪姫(1937年)

最新映画情報

映画記事

関連記事

他記事

当サイトについて

白雪姫(1937年)

『白雪姫』
ディズニー最初の長編映画(また、傑作がアニメーション史を入れたままにしておいたので、わかっていません)を、言いません。
最初は、ディズニーは、記録的な映画で反対される点を引き受けられる写真によって俳優の動きの写真を撮って、映画から多く範囲でアニメーションの上であらゆる唯一の部分を甦らした愛のライバルのフライシャー・スタジオの古い技術を模倣して、絵画の点のようなスタイルへ持っていかれる写真を理解しました。
そのうえ、結局、フライシャー・スタジオの妨げ写真撮影(水平な)の技術のイミテーションにおいて、マルチ飛行機写真撮影(ヤグラ・タイプ)によって点のような深さへ持っていかれる写真を表して、よりテクニカラーによって色を置きました。
短編アニメーションは1932年からディズニーでそれをカラー化します。
大きな労働と金額は、費やされて、4年と巨額の時間を1,700,000ドル(金額)投げた傑作です。
そして、生じました。
記録的な映画の間隔のアニメーションといえば、まだ子供のために示された短編を指さしたとき、それは時代でした。
そして、成功を心配している多くの声は「ディズニーの趣味」であると言われていたが、ふたを開けるならば6100万ドルの利益を与える驚異的な超大作を録画しました。
日本の展示は西ドイツが1950と各々の国より遅いものです。
しかし、事実と第二次世界大戦の前にそのような高品質アニメーションを生産した国のアメリカの圧倒的強さのために、驚いたと言われます。