'."\n" ?> 天空の城ラピュタ(1986年)

天空の城ラピュタ(1986年)

最新映画情報

映画記事

関連記事

他記事

当サイトについて

天空の城ラピュタ(1986年)

『天空の城ラピュタ』
それは、1986年8月2日から、アニメーション・ムービーとして東映洋画システムの103の建物で示されました。
監督は、宮崎駿です。
宮崎にとって、それは、そこの最初のになっている仕事でない最初のアニメーション・オリジナルの監督作業です。
生産は、徳間書店です。
それは、スタジオ・ジブ再生の1つの仕事目になります。
王国「ラピュタ王国」から名前に「ラピュタ」を持っていきました。
島で、スウィフトの「ガリヴァー旅行者の日記」でやって来た空に、それは飛びました。
スウィフトの名前は、ドラマの間に飛んでいる島の物語を想像した人として出ます。
しかし、「ガリヴァー旅行者の日記」で名前を借りることより他は、無関係です。
19世紀後半の産業革命期間のヨーロッパから作られる空中世界で、冒険を招きます。
ショーを走らせるために奮起しなかったが、多くの賞を獲得して、高い評価を得ました。
徐々に高齢のためになったアニメーションのために、それはマンガ映画のリバイバルを目的とした小学生のための古典冒険と戦う場面として計画されました。
そして、それが、その結果、配布した東映によって観衆満足感調査のために大人の認識に耐えることができた職場にあったことは宮崎の方針でした。
話は広い年齢層によって97.7%で高く支持されました。
そして、ビデオ販売は活発でした。