'."\n" ?> 崖の上のポニョ(2008年)

崖の上のポニョ(2008年)

最新映画情報

映画記事

関連記事

他記事

当サイトについて

崖の上のポニョ(2008年)

『崖の上のポニョ』
この製品は、ハンス・C・アンデルセンの童話「人魚姫」(1836年の発表)をモチーフとみなした仕事とみなされます。
しかし、「ふき取ることは、キリスト教顔色をします」ときちょうどオリジナルとして「人魚姫」を使うことなく宮崎がそれをしたあと、ステージを現代の日本の方へ動かしてください。
それを変えてください。
しかし、ベニス・インターナショナルFilm Festivalの記者会見で、影響の意見「生産の間、「人魚姫」の物語に似ているときそれに気がついたが私が基本的に故意に基づかれなかったために」宮崎から、見えます。
そのうえ、ポニョ・アイデアの起源は、記者会見で宮崎に尋ねられて、それにその「初めて9才の時代に読んだ手紙の本の上のそれがアンデルセン人魚姫であることが、それが出航するならばポニョの点を始めることである場合があることになっています。
そして、わからなかったために、価格の、「人間(魂(つまり人魚に関しての「もの」)がありません)に、魂があります」と感じてください。そこで」を答えます。

この作品というのはかなり話題をさらったように感じます。
さらにこの作品には様々な都市伝説というものも存在しています。