'."\n" ?> ヒックとドラゴン(2010年)

ヒックとドラゴン(2010年)

最新映画情報

映画記事

関連記事

他記事

当サイトについて

ヒックとドラゴン(2010年)

『ヒックとドラゴン』
はるかに北の海に浮いているバーク島。
そこで生きたビュッフェ方式の全家族は、長い間ドラゴンと張り合い続けました。
常に問題の上の跡以外の弱い男の子、優れた軽食になるという鍛冶屋の夢で勉強しているヒック。
村をしばしば襲うドラゴンと、常に戦いによって迷惑のように扱われました。
ヒックの父において、村のリーダーであった禁欲主義者は、変わった人の息子の取扱いに悩みました。
A特定の早朝、危険で単独で最も発明した投げている機械と完了したドラゴンの夜でフューリーを逮捕することに、ドラゴンが打ったヒックは、成功します。
騎士フューリーを破るならば、誰でもきっとそれを認めます。
しかし、たとえ森で傷を負ったフューリーを見つけたとしても、それはヒックを損なうことができませんでした。
飛んでください。
そして、彼は失われたフューリーつま先返事に名をつけます。
そして、互いに用心深い間、少しずつ距離を引き出します。
再びトゥースレがで飛ぶことができるために飛行訓練を繰り返している間、ヒックはドラゴンの習慣を学びます。
そして、ドラゴン・トレーニングにおいてそれを利用して、よく大きな機転で私自身を演じます。
まわりのすべてから徐々に注意をひくようになったヒックはドラゴンをどうも含んでいる父への敵とするバイキングズの意識を変えて欲しくしに来るものです。
そして、禁欲的です…。