'."\n" ?> ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年)

最新映画情報

映画記事

関連記事

他記事

当サイトについて

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』
この製品に関しては、生産は「男の戰が、ありました」というEpisode 19こととして始まって、Episode 8によってまでをを引きあげました。
そして、「新世紀エヴァンゲリオン」テレビ・シリーズの「アスカ、来日」。
しかし、新しいミステリーが新しいキャラクター、エヴァンゲリオン、ほとんど「開いている」前の仕事がテレビ・シリーズEpisode 1からEpisode 6まで物語を理解したのに対して、この製品で現れない使者を増やして、「ニューシアター版」原作を開発することは、テレビ・シリーズと古い劇場(そして、出演)のためです。
ちょうど監督のカズヤ・ツルマキに従うこの製品の「「破でなかった」ものがほんの「開いている」前の仕事が公的にそれである(2007年9月)と考えられたあと、でした。
シナリオはゼネラルマネージャー庵野秀明の意図によって批評されました。
そして、例えば、変化は最初は「言われていたそれ、声も始める必要はありませんでした」、そして、マリ人ターン増やすことは言うように特にされました」という物語に関してに、最初は「大まかなバージョン」があって。
そのうえ、レイがネルフ本部でエレベーターでアスカとに乗る場面(しかし、会話の内容はアニメ版テレビ・シリーズEpisode 22と大いに異なります)を含むEpisode 20の後のエピソードが理解されたのは、形でです。